同一月内に厚生年金の得喪が生じた場合の取扱い

 被用者年金一元化法の関係から、厚生年金保険料の徴収方法について、一部が変更されました。

 具体的には、同じ月の中で厚生年金の「資格取得」と「喪失」が発生し、国民年金の資格取得をした場合です。

 すなわち、入社して、すぐに辞めてしまったようなケースです。

同月得喪イメージ図

 従来、このようなケースは、1か月分の厚生年金保険料を控除する必要がありました(さらに国民年金保険料の納付も必要)。
 しかし、平成27年10月以降は、厚生年金保険料は控除せず、国民年金保険料のみ納めればよいこととされました。
 つまり先のような事例の場合、会社からすると、厚生年金保険料の本人負担分を控除する必要がなくなったということです。
 ただし、健康保険・介護保険料は、これまで通り1か月分の保険料を控除することに変更はありません。あくまでも、厚生年金保険料だけの話です。

 詳細は、当事務所のホームページにおいて掲載しておりますので、こちらもあわせてご参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です